予想外の急な出費ってよく有りますよね!

予想外の急な出費が必要になってどうしてもお金が必要・・・でも、今は持ちあわせがない・・・お金が足りない・・・って時って誰でもあることです。

そんな時は身近な人にお金を借りることを最初に考えてしまうかもしれませんが、お金の貸し借りはトラブルの元です。

「夫婦げんかの8割はお金」と言うように、お金が原因で発展するトラブルってすごく多いんです。

なんでもそうですが、何か困った時があればプロに頼むのが一番です。

水漏れになったら、水道修理のプロにお金を払って直してもらいますよね。

家のカギをなくしたら、カギ業者に頼みます。

レストランに行けば、料理のプロが食事を作ってくれます。

このように、本当のお金に困ったなら、お金を貸すプロ、つまりお金を貸すことを仕事にしている業者に頼むのが一番ということです。

お金を貸すことを仕事にしている業者とは今ならカードローンが一番です。

カードローンなら審査に通り、約束通り毎月返済していけば、何のトラブルもなく今のピンチを抜け出すことができますよ!

カードローンの金利は思ったよりも高くない!

グレーゾーン金利って聞いたことがあると思います。

このグレーゾーン金利のせいで、消費者金融やキャッシングはなんとなく悪い怖いイメージがありました。

しかし、2010年6月に法改正がされ、貸金業法が改正されました。

その結果、グレーゾーン金利は廃止され、金利(実質年率)の上限は以下のように法律で決められました。

  • 10万円未満:上限20%
  • 10万円〜100万円:上限18%
  • 100万円以上:上限15%
    • 今の大体カードローン会社は多くの場合、上限が18%ほどになっています。

      金利18%と聞いてもそれが低いのか高いのか分からないと思いますので、実際に利息シュミレーションをしてみましょう!

      たとえば、アナタが10万円を金利18%で借りるとします。返済期間は30日間とします。

      まず、アナタが知るべきなのは利息の計算方法です。利息は以下のように計算します。

      利息 = 借りた金額 ✕ 実質年率 ÷ 365日 ✕ 借りた日数

      10万円を実質年率18%で借りて30日後に返済した場合は、以下のような計算になります。

      100000 ✕ 0.18 ÷ 365 ✕ 30 = 1479.452....

      小数点以下は切り捨てになるので、このケースでの利息は1479円ということです。

      ちなみに、カードローンは1万円からお金を借りることができます。

      もし、1万円を実質年率18%で借りて、15日後に返済したとしたら・・・

      10000 ✕ 0.18 ÷ 365 ✕ 15 = 73.972....

      となり、利息はたったの73円です!

      これなら、友達や身内に1万円借りるよりもカードローンでお金を借りる方が利口ですよね。

      友達や身内だと後々モメる原因になりますからね。。

      このように、貸金業法が改正された今、カードローンの利息はアナタが思っているほど高くありません。

      さらに、昨今では銀行が個人融資に力を入れているので、銀行系カードローンだとさらに金利は低くなりますよ。ただし、審査は厳しくなりますが。

カードローンでお金を借りるメリット

本当にお金に困った時にお金を借りるならカードローンが良いことは分かったと思います。

最後にカードローンのメリットについて説明したいと思います!

カードローンの一番の特徴はその迅速さだと思います。

銀行が営業している平日の午前中に申しこめば、審査〜手続きを終え、その日のうちにアナタの銀行口座にお金を振り込んでくれます。

今日中にお金を借りたい!と思っている人にとって、このスピードは非常にありがたいのではないでしょうか。

また、家族に知られずにお金を借りられることも1つのメリットです。

審査に通ったという電話やメールは申し込んだアナタ個人の携帯電話(スマートフォン)に入りますから。

また、返済はいつでもコンビニのATMでできるというメリットがあります。

コンビニなら銀行と違って365日営業ですし、最近では24時間営業の店も増えているので、時間ができた時に近所のコンビニでサクッと返済できます。

たとえば、プロミスなら月々の返済は4000円からと非常に軽い負担で済みます。

月4000円なら金欠の時でもなんとかできる額ですよね。

このように、カードローンには融資までの迅速さ、個人の秘匿性、返済の手軽さ、返済の負担が少ないという特徴があります。

本当にお金に困った時にお金を借りる方法としては、現段階ではカードローンに勝るものはありません。