お金の貸し借りは人間関係のトラブルを招きます。借りるならその道のプロに借りましょう。

急にお金が必要になってしまった時、友人に相談してみようかと考える方も多いのではないでしょうか。

長い付き合いでお互いに信頼できる知人なら相談もしやすいですし、快くお金を貸してくれるかもしれません。

また、友達同士でのお金の貸し借りには利息が付かないことがほとんどですので、借りた分だけを返せばよいというメリットも考えられます。

返済期間についても友人と話し合って決めればいいですし、分割払いにする場合でもその額については柔軟に決定することができるでしょう。

こうした点を考えると、確かにお金に困ったときは知人に相談するのが良い方法のように思えます。

ですが、友達とのお金の貸し借りには大きなリスクがあることを知っておく必要があります。

人間関係のトラブルの原因として多いのはお金の貸し借りだからです。

例えば、当初はお互い納得のうえでお金の貸し借りをしたとします。

ですが、人の気持ちは変わるものですし、もしかしたらある日突然お金を返してくれと言われてしまうかもしれません。

その場ですぐに返せるようなら問題ありませんが、そうでなければトラブルに発展する可能性も十分にあります。

また、期日までに返済できなければやはりトラブルに発展し、仲の良かった友人との関係に亀裂が生じてしまうかもしれません。

このように、友人にお金を借りるというのはトラブルの原因となるためおすすめできません。

一方、カードローンを利用すればこうした心配はしなくて済みます。

しっかりとした契約に基づいてお金の貸し借りをすることになりますし、カード会社はあなたに返済能力があるかどうかを判断したうえでお金を貸します。

カードローンだと利息は付いてしまうものの、お互いお金の貸し借りだけのドライな関係ですのでトラブルが起きてしまうことはまずありません。

知人にお金を借りることを頼むと、最悪の場合SNSなどで変な噂を広げられる可能性がありますが、カードローンならそういった心配もありません。

友達にお金の相談をするというのは精神的にも嫌なものですし、お金が必要になった時はカードローンを利用するのがよいと言えるでしょう。

何でもそうですが、その道のプロにお願いするのが一番です。お金に困ったなら、お金を貸すことを仕事としているカードローンを利用するのが一番というワケです。