年収が低くても、勤続年数が短くても審査に通る可能性はあります。

カードローンを利用する場合、申込手続きの際に審査があり、この審査の中では年収、そして勤続年数を記入することになります。

つまり、カード会社はこの2つの情報を審査の参考にしているわけですが、どのくらいの年収、勤続年数ならば審査に通るのでしょうか。

審査の基準は各カード会社によっても違い、具体的な基準についても非公開のため正確な部分は分からないのが現状です。

ただ、多くの人が年収が多い方が審査に通りやすいと考えると思いますがそうではありません。

例えば、申込者が年収1,000万円を超えるいわゆる高所得者だったとしても必ず審査に通るわけではないのです。

たとえ所得が多くても、すでに多額の借金をしており、その返済にも困るような状況であればお金を貸すことには大きなリスクが生じることになりますし、実は年収の額はそれほど重要ではありません。

では、最低限どのくらいの年収があればよいのかというと、これも決まった額があるわけではないのですが100万円という年収でも審査に通る可能性はあります。

つまり、月収8万3000円ほどのアルバイトでも審査に通る可能性はあるということです。

年収は審査の結果を左右する重要なものではなく、あくまでも参考として活用する情報だと捉えるのが正しいでしょう。

次に勤続年数ですが、こちらは申込者が安定した収入を得られているかどうかを判断するために必要な情報となります。

勤続年数が長いほど信頼性が高いと言えますし、それだけ安定して収入を得ているという証明にもなります。

もちろん、勤続年数が短いと駄目というわけではなく、年収と同様に参考として活用する情報なのです。

どんなに勤続年数が長くても会社がいきなり倒産することがあれば収入は得られなくなってしまうので、勤続年数だけでお金を貸せるかどうかを判断することはありません。

これらの情報に加え、他社からの借入件数や借入総額など、さまざまな情報を総合的に判断することで最終的に審査に通るかどうかが決まります。

ですので、審査に通りやすくするためにと年収や勤続年数について嘘をつくのは絶対にやめましょう。

嘘をつくようなことがあれば、審査に通る状況であっても通らなくなってしまいます。

カードローン会社は信用情報を参照するので、嘘はバレます。