身内という甘えから不安が生まれ、やがては金銭トラブルに発展します。

どうしてもお金が必要になってしまった・・・そんな時に相談相手としてまず思い浮かぶのが親、兄弟、親戚といった身内ではないでしょうか。

身内はもっとも身近な存在ですし、友人には相談しにくいことも相談できるものです。

また、向こうも身内が困っているならとお金を貸してくれるかもしれません。

ですが、親・兄弟・親戚などの身内からお金を借りるのは絶対に避けるべきです。

確かに、身内から借りれば利息もないでしょうし、返済期限についても相談して決めることができます。

もしかしたら返すのはいつでもいいと言ってもらえるかもしれません。

ですが、この優しさがトラブルの原因になる可能性があります。

相手が身内ということもあり、こちらもどうしても甘えてしまうものです。

本来なら返済に使わなければいけないお金も他のことに使ってしまい、どんどん返済は遅れていきます。

厳しい取り立てがなく、返済のプレッシャーも少ないため、そのままズルズルと返済しない状態が続いてしまいがちです。

そうなれば、貸した側も一体いつになったら返してくれるのかと不安になっていきます。

この不安がやがては家族間での金銭トラブルに発展してしまうわけです。

このように、親や兄弟、親戚からお金を借りるというのは関係が深い間柄だからこそトラブルになる可能性があります。

お金の相談ができる相手は少ないものですが、だからといって身内に相談するのはやめましょう。

そこで活用したいのが、お金を貸すことを仕事としているカードローンです。

カードローンからお金を借りると利息の支払いが必要になってしまいますが、家族からお金を借りる時のように金銭トラブルが発生する心配もありませんし、多くのカードローンはフリーキャッシングといってお金の利用目的を問われることもありません。

毎月決まった日に返済をしなければなりませんが、身内から借りても返済しなければならないのは同じですし、それならば決まった日に確実に返済していくことになるカードローンの方がむしろ返済計画を立てやすいと言えます。

お金に困ったときは親・兄弟・親戚などの身内に相談するのではなく、カードローンの利用を検討した方が賢い選択と言えます。