月の収入が3〜5万円でもお金を借りることができます!

正社員ではないとカードローンでお金を借りられないと思っている人も多いですがそんなことはありません。

アルバイトやパートの方でもカードローンを利用することは可能なので安心してください。

ただし、誰でもお金を借りることができる訳では無く、いくつか条件を満たす必要があります。

例えば、アルバイトやパートの方がお金を借りる場合、毎月安定した定期収入があるというのが最低限の条件となります。

収入は多ければ多いに越したことはありませんが、月々3万円や5万円程度の稼ぎでも十分借入は可能だと思ってください。

月々5万円の収入の場合だと年収60万円になるので、総量規制によって年収の3分の1の20万円が借入限度額になります。

これ以上の金額を借りたい場合は消費者金融のカードローンではなく、総量規制の影響を受けないと銀行のカードローンを利用するといいでしょう。

また、仮に年収100万円程度あったとしても、アルバイトやパートの場合だと30万円を上限にされることが多いです。

そのため、30万円以上の借入を最初に申し込んでしまうと審査に落ちる可能性があるので注意しましょう。

どうしても30万円以上の借入をしたい場合は、最初に20万円や30万円といった借入をして、そこからしっかりと信頼関係を築いてください。

信頼関係を築くことによって借入上限を50万円や100万円にアップしてもらえるかもしれません。

アルバイトやパートだと正社員よりも審査は厳しくなるので、今までに返済トラブルを起こしたことがなくても通らないケースもあります。

これは仕方が無いことで、どうしても非正規雇用の方は正社員よりも信用性に欠けてしまいます。

金融機関からの信用を高めるためにも、1つの職場で長く働くというのが大切になってきます。

稀に少しでも借りやすくしようと思って収入を誤魔化す人もいますが、これは絶対にやめてください。

もしバレてしまうと、今後お金を借りることができなくなりますし、借入上限が自分の返済能力を超えてしまうので多重債務化を起こす危険すらあります。