たかが携帯料金の滞納だと侮っていると、個人の信用や財産を失うことにも!

携帯電話料金を格安に抑えられるとして人気が高いウィルコムですが、使い方によっては高額な費用が請求される場合もあります。

確かに、ウィルコム同士であれば無料通話で大幅に料金を抑えられますが、他社キャリアとの通話に関してはあまりメリットがありません。

有料アプリを使いすぎると、当然のように簡単に請求される料金も跳ね上がります。

ウィルコムの料金が予想よりも高い金額で請求された場合、そのまま放置して滞納するのは絶対に避けましょう。

仮に、ウィルコムの料金を支払わないまま過ごしているとどうなるのか確認してみましょう。

支払期日を過ぎても料金が支払われなければ利用ができない状態になります。

支払期日の6ヶ月以内には利用停止になって、それでも支払ってもらえなければ強制解約処分がされます。

基本的に、3ヶ月滞納していれば強制解約される場合が多いそうです。

強制解約されると債権者が管理会社に移されて、滞納していた分をまとめて支払うように求められます。

それでも滞納を続けた場合は訴訟を起こされて裁判になり、強制的に財産を差し押さえられる処分がなされます。

ウィルコムの料金と引き換えに、あなたの大切な財産を失ってしまうのです。

機種代金を割賦契約していた方は個人信用情報にも滞納の事実が記載されて金融事故扱いになります。

クレジットカードを作りたくても断られる、自動車ローンや住宅ローンが組めない等の悪影響を5年間は残す結果になるため注意が必要です。

たかが携帯料金の滞納だと侮ってはいけません。

ウィルコムの料金が払えない場合は、カードローンを活用して支払う選択肢を選ぶようにしてください。

カードローンで必要なお金を借り入れて、返済を月々の分割払いなら無理なく支払いできるはずです。

きちんと計画を立てて利用すればカードローンは決して怖い存在ではなく、とても便利なものです。

支払期日が迫っている方でもカードローンなら、その日のうちに融資を実行してもらえる場合が多いです。

早めに支払いを済ませて、安心して過ごせるようにご検討下さい。