カードローンの審査基準は収入、勤務先、勤続年数、他社借入額などでトータルに決まります!

毎日の生活の中では急に現金が必要になってしまうこともあります。

そんな時、手続きも難しくないカードローンを利用すると低金利でお金も借りることが可能になります。

ただ、誰でも無条件にお金を借りられるわけではなく、利用にあたっては審査があります。

審査に通らなければお金を借りることもできないわけですから、事前に審査基準について知っておくことは大切です。

カードローンを利用するためにはまず氏名や住所といった個人情報をはじめとしたさまざまな情報をカード会社に提出することになるのですが、カード会社ではこの情報を基にしてお金を貸しても大丈夫かどうか、つまりきちんと返してくれるかどうかを判断することになります。

まず、審査で重要となる基準の一つに安定収入があります。

安定した収入がなければ毎月の返済も難しいと考えることができますから、この点をクリアしていなければその時点で審査に通ることはなくなります。

この他にも、さまざまな点を審査の基準としています。

年収はどのくらいなのか、勤務先はどこか、勤続年数はどのくらいか、現在の借入額は総額でいくらなのか、他車からの借入件数は何軒なのか、といったことが基準になっています。

例えば、借入総額が高額の場合はさらなるお金の借入によって返済が難しくなると予想できます。

具体的にどのくらいの額を借りていると審査に通らなくなってしまうのかは年収とのバランスもありますし、各カード会社によっても違ってくるため一概には言えないのですが、審査の際の重要なポイントになっていることは間違いありません。

また、審査では在籍確認という作業が行われます。

これは申込書に記入している会社が本当にあるかどうかを確認するためのもので、カード会社が個人名(たとえば、「山田ですが・・・」という感じ)で会社に電話をして確認します。

もしこの時在籍していることが確認できなければ、やはり審査には通りませんのでこれも重要な審査の1つと言えるでしょう。

こうした審査基準を全てパスすることができればお金を借りることが可能になります。