事前に予期することができない急な出費なら通りやすいと言えます。

現在、カードローンの形としてはフリーキャッシングが一般的です。

これは文字通り、借りたお金をどんな目的にも自由に使うことができるもので、特定の目的に縛られることがないため非常に便利です。

とはいえ、カードローンを利用するためには審査があり、この審査の際には借りたお金の利用目的を答えることになります。

これはフリーキャッシングであっても同様で、自由に使えるとなっているものの、その目的ははっきりとカード会社側に伝えなければいけない訳です。

カード会社は利用目的を参考にして審査を行うことになります。

つまり、利用目的によって審査に通りやすい目的と、通りにくい目的があるのです。

カード会社が利用目的を聞くことによって申込者がどのような人なのかを判断しているとも言えるでしょう。

例えば、利用目的がギャンブルに使うためだったとしましょう。

ギャンブルをした結果、勝つことができればお金が増えるわけですから返済も簡単にできるかもしれません。

ですが、ギャンブルには必ず勝つ方法はなく、負ける可能性もあります。

もし負けてしまったらこの人は返済ができなくなってしまうのではないか、カード会社としては当然このように考えなければなりません。

であれば審査においてもこうした目的は通りにくいと言えるでしょう。

逆に、急な冠婚葬祭などである程度の現金が必要になってしまい、そのためにお金が必要だという場合は審査にも通りやすいと考えられます。急な医療費、急に連休が取れたので旅行に行くための費用なども同様です。

事前に予期することができない急な出費であり、他の方法で現金を用意することが難しい状況ですからカードローンを利用することも自然ですし、その後の給料日などでしっかりと返済できるだろうと考えることができるからです。

このように、利用目的によっても審査の結果は変わる可能性があります。

どうしてもお金が必要だからと利用目的を偽るのは絶対に避けるべきですが、利用目的によって審査の結果が左右されることは知っておくと良いのではないでしょうか。