安定した収入がない、返済が遅れている、総量規制などが審査に通らない理由です。

急に現金が必要になってしまった、こんな時カードローンは非常に便利です。

ですが、いざ利用しようとしたら審査に落ちてしまったという方もいるのではないでしょうか。

カードローンの利用には審査を受ける必要があり、審査に通らなければお金を借りることはできません。

審査に通らない理由としてはいくつかのことが考えられます。

まず、安定した収入がない場合です。

収入が安定していなければ毎月の返済をすることが難しくなってしまいますから当然のこととも言えます。

ですが、審査に落ちる理由はこれだけではありません。

例えば、他社からの借入があり、過去に返済が遅れてしまったことがある、もしくは現在返済が遅れている場合です。

カード会社からすれば返済をきちんとできない人と写ってしまい、やはり審査に落ちる理由となってしまいます。

これは他のカード会社からの借り入れについてだけではありません。

携帯電話の支払いや、公共料金の支払いが遅れてしまった場合なども同様に審査に落ちることになってしまいます。

こうした情報は信用情報機関に登録されていますので、カード会社も簡単に確認することができます。

また、現在では総量規制というルールが設けられており、これが審査に通らない理由となることも増えてきました。

総量規制とは年収の3分の1を超えてお金を借りることはできないというルールで、返済をしっかりしていたとしても年収の3分の1を他社からすでに借り入れているという場合には新規のカードローンの利用はできません。

安定した収入があるにも関わらず審査に落ちてしまうという場合は、主にこのようなことが理由として考えられます。

ただし、審査の基準は各カード会社によっても細かく違ってきますので、全てのカード会社がこうした理由で審査に通らないとは限りません。

どちらにせよ、カード会社を利用するにあたっては審査の際にどのような基準が重要になるのかを知っておくことは大切です。

カードローンの審査に通らない理由や審査に落ちる理由を知った上で、カードローンに申し込むことも大切です。