延滞情報が個人信用情報センターに登録されると5年は残ります。

クレジットカードはいまや持っていて当たり前で、社会人はもちろん学生さんでも持っています。

現金が無い時でも買い物ができるため非常に重宝しますが、くれぐれも使い過ぎには注意してください。

現金とは違ってお金を使っている感覚が少ないこともあって、ついつい使い過ぎてしまう場合が多いからです。

返済能力の範囲内であれば問題ありませんが、それを超えてしまった場合は非常に危険です。

月々の返済が大きくなり、クレジットカード代が払えないといったケースも珍しくありません。

そこで延滞をしてしまう人も多いですが、クレジットカードの支払いを延滞してしまうとデメリットが非常に大きいので絶対にやめましょう。

1回くらいであればクレジットカード会社も大目に見てくれるかもしれませんが、何度も延滞してしまうと信用を失ってしまいます。

まず、何度か延滞をすることによってクレジットカードの利用ができなくなるので気をつけてください。

指定日に引き落としができないと、クレジットカード会社から引き落としができなかったという旨の手紙が届きます。

その手紙を無視すると催促の電話が入り、それさえも無視すると督促の手紙が届きます。

この時までに支払いを済ませることができれば傷も浅いのですが、払えないからといってさらに3カ月以上無視すると、個人信用情報センターに事故情報登録され、その記録が5年間も残ります。

個人信用情報センターに事故情報を登録されると、クレジットカードは新しく作れなくなり、ローンを組むことも出来なくなります。

さらに、金欠になった時でもカードローンの審査には通らないので、生活が一気に不便になります。

5年経過すれば情報が消え、それ以降はクレジットカードやカードローンに申し込むことができますし、ローンも組めるようになります。

ただ5年というのは非常に長い期間なのでその間にお金に困ることが何度もあると思います。

このようなデメリットがあるので、クレジットカードの代金が払えないからといって延滞するのは避けてください。

カードローンで借りてでもちゃんと期日通りにカードの支払いをして、給料日が来たらカードローンの支払いをした方がいいですよ。