罰金や反則金を支払わないでいると懲役刑になることも!

車の運転中に交通違反を起こす方の中で多いのがスピード違反です。

法定速度を守らずに速度超過で取り締まりを受けて、警察からキツイお叱りを受けた経験がある方も多いはずです。

スピード違反は法定速度からどのくらいオーバーしているかによって反則金が異なります。

15キロ未満の場合は9000円ですが、25キロ以上30キロ未満では倍の18000円になります。

高速道路から下りた直後や真っ直ぐで見通しの良い道路を走行中はスピード違反を起こしやすいため注意が必要です。

スピード違反で取り締まり対象となり反則金が必要になるのは俗にいう青切符で、比較的軽い反則行為です。

一般道の場合は30キロオーバーだと悪質な反則行為になって赤切符が切られて罰金を支払わなければいけません。

罰金刑を受けると刑事上の罰を受けた前科者となり、犯罪者名簿に記載される事になります。

反則金と罰金では大きな違いがありますが、いずれにしてもお金を支払わなければ最悪懲役刑になる可能性も考えられます。

スピード違反の罰金や反則金を期日までにどうしても払えないため、足りない分の2万円借りる際に最も簡単なのがカードローンの活用です。

どうしても2万円が用意できない場合はカードローンで融資を受けて支払い、借りた分は月々分割で返済した方が良いと考えられます。

カードローンなら比較的借りやすい条件を提示しており、安定した収入があり、他社から多額の借入金がない方なら問題なく利用できると考えられます。

カードローンを取扱っている会社はたくさんありますが、多くの方にご利用頂けるように低金利でご利用できたり、無利息期間を用意している場合もあります。

申込をしてから30分から1時間くらいの間に審査結果がわかり、その日のうちに本契約をして融資を受けられます。

これを機会にカードローンの契約をしておけば、また急に現金が必要になった時でもすぐに融資を受けられるメリットもあります。

しっかりと返済シュミレーションをして計画的にご利用になればとても便利に活用できますよ。