3ヶ月滞納すると指定信用情報機関に登録されて5年は乗ります。

現在はスマホや携帯電話を持ち歩いていない人を探すのが難しいくらい幅広い世代に浸透しています。

電話だけでなく、どこでもインターネットを活用できるため手放せないアイテムとして定着しています。

最近はインターネットを使いすぎて高額なパケット代が請求されたり、課金アプリの使いすぎで高額な費用が請求されるケースが多発して問題になっています。

余程のことがない限りはパケット代や課金アプリの料金はどんなに使いすぎても自己責任のため、きちんと支払わなければいけません。

特に、「2年契約で実質0円」という表示でスマートフォンをい買った人は注意が必要です。これは、毎月の料金にスマホの端末代が24回(2年分)に分割して加算されるからです。つまり、最初に端末料金を用意しなくていいだけで、本当に0円でスマホを買えたわけではないということです。これを「割賦(かっぷ)契約」と言います。

あまりにも高額なスマホ料金や携帯代を請求されて払えない状況になった場合に、注意したいのが支払いの延滞です。

銀行口座から引き落としできなかったり、指定した期日まで支払いしなかった場合は、将来的にデメリットになる部分が多くあります。

支払期日までにきちんと料金を支払わなかった場合はスマホや携帯が使えない状態になり、電話としても使えない状態になって誰とも連絡が取れない状況になってしまいます。

それでも料金を支払わないと強制的に解約され、キャリアを変えても契約できない状態になります。

ここまで来ても支払われない場合は、最悪財産差し押さえによる強制執行の可能性もあります。

更に、機種代を割賦契約していた人で支払いが3か月以上滞った場合は、金融機関が共有している指定信用情報機関にも支払遅延の事実が5年間は残されます。

そうなると、クレジットカードの契約が難しくなったり、住宅ローンや車のローンの利用も難しい(審査に通らない)状況になる場合もあります。

様々な場面でデメリットになる場合が多いため、スマホ料金や携帯代は延滞をしないように注意、そして努力して下さい。

どうしてもスマホ料金や携帯代が払えない方は、カードローンを利用して期日までい支払いをする選択肢をおすすめします。

カードローンなら無理のない分割払いでの返済も可能になるため、家計に大きな負担をかけずに支払いできます。

現在はカードローンを取扱っている会社の多くでは低金利で気軽に利用しやすい環境にしているケースが多いです。

きちんと計画を立てながらご利用頂ければ、安心して便利に活用できます。