マルイエポスカードは利息・限度額でスペックが低いので損します。

大手百貨店のマルイで作ることが可能なマルイエポスカードは、キャッシング機能も付いているためお金を借りることが可能です。

では、このマルイエポスカードとカードローンの違いについてご紹介しましょう。

まず、限度額から比較してみると、マルイエポスカードの限度額は99万円までとなっており、100万円以上の借入をすることは不可能となっています。

一方、一般的なカードローンでは限度額は審査の結果によっても変わるものの、最大で500万円までとなっているところが多く、カード会社によっては1,000万円近くの限度額としているところもあります。

必ずしも一度にこれだけの額が必要になるとは限りませんが、限度額が高い方がいざという時に備えることができますし、安心感もあります。

限度額での比較ではマルイエポスカードよりも、一般的なカードローンの方がお得だと言えるでしょう。

次に、利息を比較します。

マルイエポスカードの利息は年に18%となっています。

実はこの利息、決して安いとは言えない利息です。

限度額と同様に他のカードローンを見てみると最大の利息はマルイエポスカードと同じ18%のところもあるのですが、最小の利息の場合なら4%台のところが多くなります。

つまり、どんなに利息が高くなってもマルイエポスカードと同じ利息になるだけで、そうでなければより安い利息でお金を借りることができるわけです。

特に、銀行系のカードローンは利息が安いことが大きな特徴で、最大でも14%ほどとマルイエポスカードと比較して4%もの差が出ます。

マルイエポスカードはマルイで気軽に作れるということもあり利便性に優れているように思えますが、こうして比較してみると一般的なカードローンの方が限度額の面でも利息の面でもお得であることが分かります。

もし現在、お金を借りることを考えているならば、マルイエポスカードよりもその他のカードローンの方がお得にお金が借りられますよ。