3年以上、個人事業主としてやっているなら借りられる可能性大です!

個人事業主は事業資金の調達や生活費の補填のためにカードローンを利用することが多いです。

自己資金だけで経営している個人事業主は少なく、大抵の人は大なり小なり金融機関からお金を借りています。

しかし、個人事業主は基本的に社会的信用が低いためカードローンを申し込む場合に不利です。

事業を開始して1年や2年程度ならアルバイトやパートといった雇用形態の方よりも信用が低いと言われています。

最低でも3年以上続けており、安定した収入を得ているというのがお金を借りる時に最低限の条件だと思っていた方がいいです。

また、個人事業主だとお金を借りる時に必要な書類も普通より多くなるので注意してください。

現在どこの金融機関も少額融資であれば運転免許証や健康保険証といった身分証明書だけで借りることができますが、個人事業主の場合はこれだけでは借りられないケースが多いです。

基本的に、収入を証明する書類が必要となるので、直近1年分の確定申告書や収支内訳書、青色申告決算書といったものを用意しておきましょう。

そして、個人事業主の場合、税金対策のために利益を小さく申告していることが多いですが、これはお金を借りる時にマイナスです。

あまりにも利益が低いと、返済能力が無いと判断されてしまうので、赤字やそれに近い申告は避けるべきです。

仮に、赤字の申告をしてしまった場合、お金を貸してくれるところはほとんどないと思ってください。

個人事業主が銀行からお金を借りようとすると断られる場合もありますが、その時は消費者金融を利用してください。

銀行は社会的信用を重視するため審査が厳しいですが、消費者金融は安定した収入というのを重視しています。

そのため、銀行のカードローンに申し込んで審査に落ちたとしても、安定収入があれば消費者金融だと借りられます。

金利が高いから消費者金融は利用したくないかもしれませんが、現在は銀行に近い金利で融資しているところもたくさんありますし、30日間無利息の会社もあるので安心してください。