派遣社員でも6ヶ月以上、今の職場で働いていれば問題ないです!

派遣社員だとカードローンを利用できないと思っている人も多いですがそんなことはありません。

派遣でも毎月きちんとした安定収入があれば、問題無くお金を借りることはできるので心配しなくても大丈夫です。

現在の日本は正社員が減少し、派遣社員や契約社員が増加の一途を辿っているため、金融機関側もお金を貸さない訳にはいきません。

月によって収入があったりなかったりという状態だとお金を借りるのは難しいかもしれませんが、最低限パートやアルバイト程度の収入を毎月得ているのであれば問題ないはずです。

安定収入があれば起業したばかりの個人事業主よりも派遣社員の方が信用性が高いと思ってください。

派遣社員が審査で気をつけないといけないのが、今の職場でどのくらいの期間働いているのかです。

6ヶ月とか1年以上勤続しているならそれほど問題ありませんが、まだ働き始めて1ヶ月とか3ヶ月だと信用性に欠けてしまうので審査に通らないかもしれません。

審査に落ちてしまうとその情報が記録されてしまうので、今後の申し込み時に不利になってしまいます。

そのような状況を作らないためにも、勤続年数が短い場合は無理にカードローンに申し込まずに少しだけ待ってください。

審査に落ちてしまうと意地になり、様々な金融機関に申し込みをしたくなりますが、申し込みを繰り返す事でますます状況を悪化させてしまうのでやめましょう。

そして、派遣社員がカードローンでお金を借りようと思った場合、銀行のカードローンよりも消費者金融の方がいいです。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査に厳しいため、安定した収入があったとしても派遣社員だと通らない可能性があります。

消費者金融はそれほど審査に厳しくないので派遣社員はもちろん、アルバイトやパートの方でも安定収入さえあればお金を貸してくれます。

ただ、最初から100万円や200万円といった大金を借りようと思っても、正社員よりも信用が少ないので借入を断られる可能性が高いです。

審査に通りやすくするためにも、最初の希望額は多くても20万円や30万円程度にして、そのお金を毎月きちんと返済していきましょう。

そうすると信用を得ることができるので、上限額をもっと上げたいと相談をした際に、いい返事をもらえることが多いようです。