親の同意なしでお金を借りられるのは20歳からです。

高校を卒業して社会人になったり、大学生や専門学校生になると付き合いの関係で今までよりもお金が必要になります。

その場合、親からお金を借りるのは気がひけるということでカードローンを申し込みたくなるかもしれません。

しかし、基本的にカードローンは20歳以上ではないと申し込むことができないので、いくら安定収入があっても18歳や19歳では無理です。

未成年の方がどうしてもカードローンでお金を借りたい場合は、親の同意が必ず必要になるため、内緒でお金を借りることはできません。

18歳や19歳といった未成年がカードローンでお金借りることができないのには重大な理由があります。

それは金銭感覚が乏しく、返済能力が低いのにも関わらずお金を借り過ぎてしまう可能性が高いからです。

中には金銭感覚がしっかりとしていて、きちんと仕事をしている未成年の方もいますが、大半はまだまだ精神的にも子供です。

そのため、もしカードローンを作ってしまうとお金を借りすぎてしまい返済できなくなることが容易に想像つきます。

どんどん借金が膨らみ、いずれ多重債務となり自分の力ではどうすることもできなくなる可能性があるため、金融機関では親の同意なしに未成年者に対してお金を貸すのを避けています。

これが未成年の方がカードローンでお金を借りられない理由だと理解してください。

また、学生向けのカードローンも存在しますが、これも20歳以上を対象としているため未成年者が申し込む場合は親の同意が必要になります。

20歳以上を過ぎていても学生の場合は親の同意を求められるケースもあるので、申し込む前にその部分を必ずチェックしましょう。

親の同意なしでカードローンでお金を借りたいのであれば20歳になるまで待つしか方法はないと思ってください。

20歳を過ぎれば自分の意思で自由に申し込むことができるので、歯がゆいかもしれませんが我慢しましょう。

その場合も定期収入がないと申し込みをしても審査が通らないので、何か仕事やアルバイトを見つける必要があります。

親からの仕送りや奨学金も定期収入になると思っている人も多いですが、これはならないので注意してください。

あくまでも自分で仕事やアルバイトをして収入を得ているのかどうかが重要なので、親からの仕送りや奨学金だけではお金を借りることができません。